世界の終焉が訪れたみたい

2014年の12月のある日、ハンガリーの首都ブダペストは氷霧(ひょうむ, Ice fog )に包まれた。辺り一帯は凍てつき、霧がかかる。その退廃とした光景は、まるで世界が終焉を迎えたかのようだ。

街は氷に包まれ、巨大な氷柱が立ち並ぶ。そして多くの木々は枝の先まで凍り、氷の重さに耐え切れず倒壊した。

まるで世界の終焉。ブダペストの街が氷霧によって凍てついた

【まるで世界に終焉が訪れたみたい。氷霧の後、街の全てが凍てついた】の続きを読む