やっぱり凄い。鉛筆で描くハイパーリアリスティックな絵画 (9)

絵だと知らなければ、おそらく多くの人が白黒写真と間違ってしまうのではないかと思われるリアリティ。主に鉛筆で描き、黒い背景部分には黒鉛や炭が用いられている。これらの超写実的な絵画作品を1枚完成させるために数百時間がかけられている。イタリアの画家 Emanuele Dascanio による作品。

単一の光源に照らされる単色の肖像画 by Emanuele Dascanio

【やっぱり凄い。鉛筆で描くハイパーリアリスティックな絵画】の続きを読む