2,796マイル歩いた男の変化

一人旅は男を成長させる、なんてことはよく耳にするが、果たしてどこまでの旅のことを指すのだろう。 少なくとも彼が行った1年にも及ぶ旅は、男を成長させるのには充分だっただろう。

2007年の秋、冒険家であり旅行作家のドイツ人 クリストフ・リーヘッジ ( Christoph Rehage )は、中国北京からドイツまで、5000マイルという距離を徒歩で旅をして帰宅するという、驚くようなプランを立ててそれを実行に移した。

2,796マイルを歩いて旅した男!風貌と顔つきの変化が凄いビフォーアフター

【ビフォーアフター!中国を2,796マイル旅して歩いた男の顔の変化変貌】の続きを読む