ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    鉛筆画

    両腕に障がいを持ったポーランドの画家 Mariusz Kedzierski (13)

    23歳のポーランドの画家 Mariusz Kedzierski は生まれつき両腕が不自由だ。左手は二の腕の部分から切れており、右手は肘の先に指が一本だけある。そんな彼は素晴らしい絵を描く。主に鉛筆画による写実的な肖像画で、作品の数は700、絵に費やした時間は15,000時間にも及ぶ。

    彼は語る。「体に不自由を持った人は、素晴らしい人生を歩む事ができないということを意味するものではない。そして、夢はなくならない」と。

    情熱と努力があれば何でもできる!両腕が不自由な画家の絵画作品 by Mariusz Kedzierski

    【生まれつき両腕が不自由なポーランドの画家 Mariusz Kedzierski】の続きを読む

    死霊が浮き出るホラーな3D絵画 jerameel-lu 1

    紙を隔てて、死霊がコチラ側の世界へと迫って来そうな恐怖の3Dイラスト。鉛筆で描かれた立体絵画はよく知られているアートであるが、紙の裏側から盛りあがってくるような3D絵画は中々珍しいかも知れない。

    死霊や骸骨がやってくる!錯覚を利用した立体的な3D絵画 by Jerameel Lu

    【死霊が迫ってくるように浮き出る!立体的に見える3D絵画】の続きを読む

    Diego Fazio 1

    イタリア南部で生まれ育ったディエゴ・ファジオ( Diego・Fazio ) はプロの芸術の教育は受けたことがなかった。その事実は、彼の作品をより印象的に見せる。彼はタトゥーアーティストとして芸術のキャリアを始めて、自身の「tattoo parlor (タトゥーを掘るお店)」も経営していた。

    しかし、世界的に著名な日本の浮世絵師「葛飾北斎」の作品に出会い、彼はタトゥーアートをやめた。その後、ディエゴは鉛筆のみを用いて極めて現実的な肖像画を描くことに身を捧げる事にしたという。

    鉛筆で描かれた写実的な肖像画の数々!超リアルなイラストを紹介。

    【え、これ絵なの?!どう見ても写真にしか見えない鉛筆画が凄すぎる!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加