ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    肖像画

    古本を使って制作された野鳥の肖像画と生息地の彫刻 2

    本の表紙には野鳥の肖像画が描かれ、ページ本体部には山々や峡谷といった壮大な自然の風景が彫刻刀によって削り出された。古本を用いて人間と野鳥との純然たる差異を表現した立体的な彫刻アート。

    古本を素材にしブラジルの野鳥と自然を表現した彫刻アート!GUY LARAMEE

    【野鳥の神秘性をキャプチャ!野鳥の肖像画と生息地の古本彫刻】の続きを読む

    ダブルビジョンの錯視絵画アート  アレックス・ガーランド 1

    ムスカばりに「目が、目がぁ!」と、リアクションを取りたくなってしまうくらいに目がおかしくなっちゃう錯視系の絵画アート。

    ダブルアイ・ダブルビジョン(double eye / double vision)の錯視に分類されるシュールな肖像画。観る人は、目の焦点が合わずに画像がブレて、肖像画の顔がガクガクしているように見える。複視的な錯視という、脳になんとも不思議な感覚を残すだろう。

    ダブルアイ・ダブルビジョンの錯視アートイラスト!by アレックス・ガーラント(Alex Garant)

    【目が、目がぁ!目の焦点が合わない不思議な錯視系アート!】の続きを読む

    Workshop Australia 2

    グイド・ファン・ヘルテン (Guido van Helten) は、1986年生まれオーストラリアのストリートアーティスト。工場やアパート、ショップなど、あらゆる壁に巨大な肖像画を描く。モノクロでリアルタッチに描かれた彼の作品は、スプレー缶を用いて描かれている。

    10m以上にも及ぶ超巨大な壁画を街中で目撃すれば、きっと視線を奪われて関心するに違いない。そのインパクトは絶大だ。

    壁に巨大な肖像画を描くストリートアーティスト!グイド・ファン・ヘルテンの素晴らしい作品

    【でかい!壁に描かれたハイクオリティな肖像画アート!by Guido van Helten】の続きを読む

    Diego Fazio 1

    イタリア南部で生まれ育ったディエゴ・ファジオ( Diego・Fazio ) はプロの芸術の教育は受けたことがなかった。その事実は、彼の作品をより印象的に見せる。彼はタトゥーアーティストとして芸術のキャリアを始めて、自身の「tattoo parlor (タトゥーを掘るお店)」も経営していた。

    しかし、世界的に著名な日本の浮世絵師「葛飾北斎」の作品に出会い、彼はタトゥーアートをやめた。その後、ディエゴは鉛筆のみを用いて極めて現実的な肖像画を描くことに身を捧げる事にしたという。

    鉛筆で描かれた写実的な肖像画の数々!超リアルなイラストを紹介。

    【え、これ絵なの?!どう見ても写真にしか見えない鉛筆画が凄すぎる!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加