ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    肖像画

    超繊細!コインに花の模様を彫る彫刻作品 (7)

    エッチングという手法を用いてコインの上に新たに模様を彫った彫刻作品。繊細で緻密な作業によって描かれた模様がありふれたコインの肖像画に花を添える。

    超繊細!コインに花の模様を彫る彫刻作品 by Shaun Hughes

    【超繊細!コインに花の模様を彫る彫刻作品】の続きを読む

    蓋の裏にインクを使って描くモノクロ絵画 (4)

    普段は捨ててしまう金属製の蓋をキャンバスとして再利用したちょっとした絵画作品。人物の肖像画、植物、動物など、白黒のシンプルな作品でありながら味がある。ポルトガルのイラストレーター Sílvia Franco Santosによる作品。

    蓋の裏にインクを使って描くモノクロ絵

    【蓋の裏にインクを使って描くモノクロ絵】の続きを読む

    超カラフルな動物の肖像画シリーズ (14)

    大胆なブラシストロークと度肝を抜く色彩感覚。感じるままに色を重ねて描かれるのは野生に生きる動物達のポートレート。英国のアーティスト Ellie Benton による絵画作品。

    力強くカラーを生み出す…!超カラフルな動物の肖像画シリーズ by Ellie Benton

    【超カラフルな動物の肖像画シリーズ】の続きを読む

    クギを打ち付けて描かれたシュワちゃんの肖像画がかっこいい! (4)

    写真をそのままモノクロでプリントアウトしたように見えるリアルな肖像画。これらの作品はキャンバスに釘(クギ)を打ち付けて製作されている。ターミーネーターなどの有名な映画のワンシーンや著名人の肖像画など。

    数千のクギで作られたリアルなクギ彫刻! by Marcus Levine

    【クギを打ち付けて描かれたシュワちゃんの肖像画がかっこいい!】の続きを読む

    カラフルな油絵っぽいけど、紙を折り曲げて作られてる肖像画! (3)

    クルクルと紙を丸めて、色々な形を作る「ペーパークイリング」という手法をご存知だろうか。一見カラフルな油絵に見えるこれら美しい肖像画は、このペーパークイリングの技術が用いられている。

    油絵のようなペーパークイリングアート by Yulia Brodskaya

    【カラフルな油絵っぽいけど、紙を折り曲げて作られてる肖像画!】の続きを読む

    やっぱり凄い。鉛筆で描くハイパーリアリスティックな絵画 (9)

    絵だと知らなければ、おそらく多くの人が白黒写真と間違ってしまうのではないかと思われるリアリティ。主に鉛筆で描き、黒い背景部分には黒鉛や炭が用いられている。これらの超写実的な絵画作品を1枚完成させるために数百時間がかけられている。イタリアの画家 Emanuele Dascanio による作品。

    単一の光源に照らされる単色の肖像画 by Emanuele Dascanio

    【やっぱり凄い。鉛筆で描くハイパーリアリスティックな絵画】の続きを読む

    塩で描くアートがすごい!肖像画、曼荼羅模様、動物の絵など (7)

    タトゥーアーティスト、美術教師のDino Tomicによるアート作品。どこの家庭のキッチンにも置いてある、ただの塩を布の上に撒いて絵を描いていく。そして階調を反転してみるとアラ不思議、ハイパーリアルな絵に大変身。

    塩ってすごいお絵かきツールだったのね。塩で描くリアルな絵や模様など by Dino Tomic

    【塩で描くアートがすごい!肖像画、曼荼羅模様、動物の絵など】の続きを読む

    幽霊のように浮かぶ!薄手の生地に描かれた肖像画 (8)

    細かいネットやチュールなど、奥が透けて見える薄手の生地に描かれた肖像画作品。描かれた絵はアナログの3D効果を得たように薄っすらぼんやりと浮かんでいるようにも見える。まるで幽霊のように…。

    タイのアーティスト Uttaporn Nimmalaikaew による肖像画。被写体の多くは彼の家族や愛する人で、停止した老化プロセスの状態を保存する。

    【幽霊のようにぼんやり浮かぶ!薄手の生地に描かれた肖像画】の続きを読む

    頑なに顔は見せない!顔が隠されたシュールな女性の肖像画 (8)

    イングランド在住の画家 Amy Judd が描く肖像画は非常に独特だ。魅惑的な女性をモチーフにした肖像画だが、その顔の部分は決して見ることができない。女性の顔は、蝶、鳥、羽毛、花など、様々な自然や動物などに覆われて、ミステリアスな謎を残す。

    きっと美人。顔が見えない女性を描いた絵 by Amy Judd

    【頑なに顔は見せない!顔が隠されたシュールな女性の肖像画】の続きを読む

    ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画 (15)

    パブロ・ピカソは、1881年生まれ。世界的に有名なスペイン生まれ、主にフランスで活動した画家で1973年4月8日(91歳)で没した。

    早熟な天才とも知られるピカソの代表作は、スペイン内戦中の都市無差別爆撃を主題とした『ゲルニカ』や、西洋画のセオリーを否定した表現方法で、現代美術に影響を与えたキュビズム(立体派)の原始作とも呼べる『アヴィニョンの娘たち』などが挙げられる。

    そんなピカソは、多くの自画像も残している。肖像画を見ると、年代ごとにピカソによる絵画の表現スタイルが大きく変遷していく様子が手に取るようにわかる。若年期ほど古典的な絵画技法で描かれており、晩年期ほど人物の顔が記号化されたような、斬新な技法によって描かれている。

    生涯に渡り芸術を追求したピカソの作品は、およそ1万3500点の油絵と素描、3万4000点の挿絵、10万点の版画、300点の彫刻と陶器を制作しており、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に登録されている。文献 : Wikipedia

    今日は画家パブロ・ピカソの自画像を紹介しよう。

    パブロ・ピカソが描いた自画像、肖像画と、絵の表現方法の移り変わり

    【ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画】の続きを読む

    両腕に障がいを持ったポーランドの画家 Mariusz Kedzierski (13)

    23歳のポーランドの画家 Mariusz Kedzierski は生まれつき両腕が不自由だ。左手は二の腕の部分から切れており、右手は肘の先に指が一本だけある。そんな彼は素晴らしい絵を描く。主に鉛筆画による写実的な肖像画で、作品の数は700、絵に費やした時間は15,000時間にも及ぶ。

    彼は語る。「体に不自由を持った人は、素晴らしい人生を歩む事ができないということを意味するものではない。そして、夢はなくならない」と。

    情熱と努力があれば何でもできる!両腕が不自由な画家の絵画作品 by Mariusz Kedzierski

    【生まれつき両腕が不自由なポーランドの画家 Mariusz Kedzierski】の続きを読む

    画家が小さなスケッチブックに描くボールペン画がすごい! (1)

    手帳ほどの大きさのスケッチブックにカラーボールペンを使って描かれるリアリスティックな絵画シリーズ「BOOKS」。ニューヨークで画家として活動している Nicolas V. Sanchez は、小さなスケッチブックのページいっぱいに、家族などの肖像画、牧場や家畜の風景、中国やドミニカ共和国の思い出などを描き、画家本人のアイデンティティのルーツを探る。

    【動物や風景画まで!画家が小さなスケッチブックに描くボールペン画がすごい】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加