ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    盲目

    盲目の迷い猫。珍しい毛色のキメラネコが愛を知る (1)

    ジャスミン(Jasmine)は迷い子猫だった。フランスのある通りで、おびえながら放浪していたところを発見された。彼女は二つの異なる遺伝子細胞を合わせもった珍しい毛色をしている。いわゆるキメラと呼ばれるネコだ。

    そして明るい場所の下でも、瞳孔が大きく開きっぱなしになっていることから分かるように、ジャスミンはこの世界を見ることができない。だから決して一匹では生きていくことはできなかった。

    盲目のキメラ猫、ジャスミンのお話と画像

    【盲目の迷いネコ。珍しい毛色のキメラ猫が愛を知る】の続きを読む

    盲目の妊婦と赤ちゃんの感動物語 3dプリンタ 2

    お腹の中で育っていく胎児を確認できる超音波検査は、母親にとって本当に特別な瞬間だ。しかし妊娠20週を迎えた妊婦のタチアナ(Tatiana Guerra)は、全盲の視覚障害者であり、超音波検査で胎児を"見る"ことは叶わないと思っていた。

    3Dプリンタ技術の新しい可能性。3Dプリンタによって幾つもの感動ストーリーが生まれたが、母親タチアナと息子ムリーロ(Murilo)の胸像が出会いは、最も感動を呼んだ物語のひとつだろう。

    盲目の妊婦タチアナがお腹の中の赤ちゃんに出会う!3Dプリンタで胎児を再現した感動のストーリー

    【3Dプリンタでお腹の赤ちゃんと対面!盲目の妊婦の感動話】の続きを読む

    全盲の画家、ジョン·ブランブリットの絵画5

    こんなにも素晴らしくそしてカラフルな絵画が、視力を持たない全盲の人間によって描かれたという事実を、あなたは信じられるだろうか?

    ジョン・ブランブリット ( John・Bramblitt ) はテキサス州に住む盲目の天才画家 ( blind painter )。ジョン・ブランブリットは、2歳から苦しんでいた病気「てんかん」による合併症の結果として、29-30歳の時に視力失っていき、やがて全盲となった。そして、その頃から画家としての活動を始めた。

    失明した盲目の画家、ジョン・ブランブリットによる色鮮やかな絵画作品

    【全盲の天才画家、ジョン・ブランブリットが描く色鮮やかな絵画】の続きを読む

    盲目の猫

    生まれつきか事故か、目の見えない可愛そうな子猫オスカー。そんなオスカーに初めて玩具のボールを与えてみた。鈴が入っているボールの音に、猫の本能が反応する。子猫はちゃんと遊べるのかな?

    盲目の猫!目が見えなくても遊べる子猫動画

    【盲目の子猫が初めて玩具で遊ぶ感動の動画】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加