世紀末的な風景。ボリビアで放棄された列車の数々の写真 (5)

100以上にも及ぶ蒸気機関車と鉄道車両の残骸が放棄された場所。この印象的な風景はまさしく列車の墓地だ。潮の干潟の隅で錆び、緩やかに侵食していく列車の姿に、どこか世紀末的な黄昏を感じてしまう写真の数々。

役割を失くした列車がただ時を過ごす場所 by Chris Staring

【世紀末的な風景。ボリビアで放棄された列車の数々の写真】の続きを読む