ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本

    動物や植物な樹脂製アートプランター!『HARIMOGURA』 (5)

    『HARIMOGURA』による小さな植木鉢の紹介。ネコ、ワニ、コウモリなど、愛嬌たっぷりな動物や、リンゴ、枯れ木などの植物をモチーフとした小さなプランター。まるで絵本に登場しそうなメルヘンチックな可愛さ。手作りオンラインショップのEtsyで販売されている。

    小さな花を咲かせる自然をテーマにしたミニプランター by HARIMOGURA

    【メルヘンチック!動物や植物の樹脂製アートプランター『HARIMOGURA』】の続きを読む

    超リアルな日本製の栞(しおり)『食べものしおり』 (3)

    ユニークな雑貨などを製作販売している東京キッチュより、奇抜な栞(しおり)の紹介だ。鮭の切り身、目玉焼き、ベーコン、バターが乗ったホットケーキ、清涼感溢れるスイカ、海苔、アイスバー。見ているだけでパクッと食べてしまいたいくらいに、リアルで美味しそうな食べ物のしおり。なぜこんな物をしおりにしたのかは謎であるが、非常に魅力的なのであった。

    本に挟んでみるかい?リアルな食べ物な栞(しおり)『食べものしおり』シリーズ

    【美味しそう…。超リアルな日本製の栞(しおり)『食べものしおり』】の続きを読む

    約100年前、明治時代に撮られた白黒写真。日本人の日常を映す (1)

    1908年(明治41年)、日本を訪れたドイツの学者が6ヶ月の滞在期間の中で撮り溜めた古き日本の貴重な白 黒写真。商店が立ち並ぶ町並み、、立ち話をする大人達、遊びまわる子供達など、日常生活を送る当時の日本人の姿が数多く映されている。

    100年前の日本の町並と人々の生活を記録した写真 by Arnold Genthe

    【約100年前、明治時代に撮られた白黒写真。日本人の日常を映す】の続きを読む

    ラストサムライ…!19世紀、明治時代の侍の貴重な写真 (2)

    明治時代1876年に施行された秩禄処分や廃刀令により、武士(侍)は既得権やアイデンティティーを失い、徐々にその姿を消していくことになる。そんな時代の変化の分かれ目に撮影された貴重な侍たちの画像を紹介しよう。生き様が失われていく中、凛とした佇まいで遠くを見つめる彼らの瞳には何が映る。

    19世紀に撮影された貴重な武士(侍)達の写真特集

    【ラストサムライ…!19世紀、明治時代の武士(侍)の貴重な写真27枚】の続きを読む

    ミニチュアジオラマ風の東京の写真!チルトシフト (4)

    1300万人以上の人々が生活している東京。世界の中でも経済規模が最も大きい都市の一つとして名をあげる日本の首都だ。そんな東京の街の様子をチルトシフトと呼ばれる手法でミニチュアジオラマ風に撮影した写真シリーズ。日本人写真家 Takahiro Yamamoto による撮影。

    雑踏からビル群まで、ミニチュア風な東京の写真 by Takahiro Yamamoto

    【ミニチュアジオラマ風の東京の写真!チルトシフトで撮影された東京の風景】の続きを読む

    コイ寿司!自宅でも簡単に作れる鯉の形をしたお寿司 (1)

    海外でも大人気の日本食と言えばやっぱり『寿司(Sushi)』!YOUTUBEチャンネル JunsKitchen で紹介されていたのは、自宅でも簡単に作れる鯉の形をしたお寿司だよ。とても鮮やかで見た目よし食べてよしの寿司好きには堪らない洒落たアレンジになっている。

    かわいい鯉さんのお寿司の画像とハウツー動画 by JunsKitchen

    【コイ寿司!自宅でも簡単に作れる鯉の形をした握り寿司】の続きを読む

    ガラスの中に宇宙!幻想的なペンダントトップ『宇宙ガラス』 (19)

    耐熱ガラスによるアクセサリー素材を製作しているのは、日本人のガラス作家、戸水 賢志氏 (Satoshi Tomizu)。 星、惑星、宇宙をモチーフとしたペンダントトップは、ガラスの球体の中にオパール、24金、純金などが散りばめられている。もちろんひとつひとつがハンドメイドで作られている。いつまでも眺めていられそうな煌びやかで幻想的なデザインだ。

    ガラスの球体が綺麗にキラキラ輝く!ペンダントトップ『宇宙ガラス』 by Satoshi Tomizu

    【ガラスの中に宇宙が広がる!幻想的なペンダントトップ『宇宙ガラス』】の続きを読む

    『Awaglass』砂時計ならぬ泡時計!泡が時間を教える (1)

    日本のデザインスタジオ studio-note のデザイナー寺山紀彦氏が考案した『awaglass』は、特別に配合された特殊な『シャボン水』の液体を透明なガラスの容器に閉じ込めた砂時計のような外観をしているユニークな時計である。

    ポコポコっと泡が刻む泡時計!『awaglass』

    【『awaglass』砂時計ならぬ泡時計!泡で楽しむ気まぐれな時間】の続きを読む

    日本文化『魚拓』で描かれる海外アーティストによる絵画作品 (1)

    魚拓とは、主に漁師や釣り人が、捕らえた魚の大きさを記録するために、魚に墨を塗って和紙などにその姿を写すことを指し、日本では19世紀頃から行われてきた伝統的な文化だ。

    その魚拓(Gyotaku)を、自らの絵画手法に取り入れた海外の画家、ヘザー・フォルトナー (Heather Fortner)の作品を紹介しよう。魚たちが生き生きと色鮮やかに描かれた素晴らしい作品は、彼らがかつて海を自由に泳いでいた時の、美しい姿を想像させる。

    魚拓で彩られる!絵画になった魚たち by ヘザー・フォルトナー (Heather Fortner)

    【日本文化『魚拓』で描かれる海外アーティストによる絵画作品】の続きを読む

    スタジオジブリ宮崎駿へのトリビュートアニメ作品 (2)

    世界中の多くのアニメーターやアーティストに影響を与え続けているスタジオジブリ宮崎駿監督のアニメーション作品。そんな素晴らしい宮崎駿アニメに敬意を表して、オマージュやトリビュート作品が制作される事も多い。

    本記事では、劇中で観た宮崎駿作品の映像風景に奥行きを付加し、そのまま3Dアニメーションとして立体化したかのような臨場感溢れる動画を紹介する。

    ジブリアニメの世界観が立体的な映像になって蘇る!3Dアニメーション風 、宮崎駿監督へのオマージュ by dono

    【宮崎駿アニメの世界観を立体的に映像化したオマージュ動画作品】の続きを読む

    1501-990x656

    ホオノキの葉をカットし、動物を形作る。乾燥によって縮む植物の葉の現象を利用した。シンプルながら味のある作品。日本人アーティスト、前田麦氏 による彫刻アート。

    かわいい葉っぱの獣たちが自立する!「LEAF BEAST (葉獣)」 by 前田麦氏

    【葉っぱで作ったシンプルでかわいい獣の彫刻シリーズ「葉獣」】の続きを読む

    ミンククジラ

    クジラの形をモチーフとし、クジラのヒゲ口部分がブレード(刃)になっているその名も「くじらナイフ」。くじらの体の曲線が絶妙に手にフィットする、かわいらしく実用的なナイフ。

    炭素鋼からなる日本製くじら型ナイフ by 山下哲史

    【くじらナイフ!かわいくて実用的なクジラ型の刃物【土佐打】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加