ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    彫刻

    ぐるぐる!渦巻いた塀やレンガの石工彫刻 (5)

    イングランド、ヨークシャーの元レンガ職人ジョニー・クラスパー (Johnny Clasper) によるユニークな彫刻作品。石、岩、レンガが目を見張るほどにグルグルと渦巻いて円を作っている。眺めていると吸い込まれたくなってくる。

    波のように渦巻く石やレンガの彫刻 by Johnny Clasper

    【ぐるぐる!渦巻いた塀やレンガの石工彫刻】の続きを読む

    包丁からシルエット。ブッチャーナイフから金属彫刻 (1)

    無骨な肉屋包丁ブッチャーナイフを加工して生み出される繊細なシルエット。動物、自然、人間、骸骨などが切り絵や影絵のように切り出された。中国人のアーティスト、Li Hongbo によるアート作品。

    包丁の刃からなる彫刻作品 by Li Hongbo

    【包丁から生まれるシルエット。ブッチャーナイフから切り出された金属彫刻】の続きを読む

    手先器用すぎ!機関車他、鉛筆の芯に彫る超小さな彫刻 (3)

    アメリカのアーティスト、シンディ・チン (Cindy Chinn) による超繊細なミニチュア彫刻作品。X-ACTO(エグザクト)ナイフという工作に適したナイフを用いて鉛筆の芯を削り、指先よりも小さな彫刻を製作している。器用すぎる!

    どこまで小さくなる?!鉛筆の芯を削って作ったミニチュア彫刻アート by Cindy Chinn

    【手先器用すぎ!機関車他、鉛筆の芯に彫る超小さな彫刻作品】の続きを読む

    おいしそう?ヴィンテージな生地で作られたリアルなキノコ彫刻 (9)

    ニョキニョキっと元気に生えたキノコ。ヴィンテージな生地を使用されて作られたキノコ彫刻は、キノコが持つ繊細なディテールをエレガントに再現しており、キノコが持つ不思議な魅力が十二分に表現されている。毒キノコ感がたっぷりだが、ぱっくりと食べてしまいたい魅力を感じさせる。

    生地で作られた繊細なキノコ彫刻 by Mister Finch

    【おいしそう?ヴィンテージな生地で作られたリアルなキノコ彫刻】の続きを読む

    アルミ缶やワイヤーで作られた飛び立つ蝶の群れ (2)

    アメリカ、ニューヨークで活動中のアーティスト Paul Villinski によるアート作品。どこからともなく現れた蝶の群れは、仲間達と美しい軌道を描き、またどこかへと向かっていく。少しの儚さと幻想的な印象を与える作品は、飲み終えた後のアルミ缶や金属製のワイヤーを材料にして制作された。

    ひらりひらりと羽ばたくアルミ缶の蝶たち by Paul Villinski

    【リサイクルされたアルミ缶やワイヤーで作られた飛び立つ蝶の群れ】の続きを読む

    隠された絵が浮かび上がる!アナモルフィックな立方体 (7)

    レーザーによって切断された216個のアクリルガラス片に描かれたモチーフが、正面の角度から見た時にだけ浮かび上がる不思議な立方体(キューブ)『Emergence Lab』。立方体の6面全てにそれぞれ別の絵が描かれており、よく観察すると対となる正反対の面の絵のシルエットは同じ形をしていることがわかる。

    オーストラリアのアーティストThomas Medicus による作品。

    一点の角度からだけ見える絵画。アナモルフィックなガラスの彫刻 by Thomas Medicus

    【隠された絵が浮かび上がる!アナモルフィックな立方体】の続きを読む

    ポリマークレイで手作りのフラクタル彫刻!花やキノコなど (7)

    アメリカ、カリフォルニアで活動中のアーティスト Angela Schwer による彫刻作品。製作にはポリマークレイ(樹脂によるクラフト粘土)をベースにカスタムブレンドした素材が用いられる。作品はダリア、キノコ、クチナシ、ケシの花などの自然がモチーフとなっており、植物が持つフラクタルな構造パターンが緻密に再現されている。

    繊細で複雑!植物などの自然の形を手作りで再現したポリマークレイによる彫刻作品 by Angela Schwer

    【ポリマークレイで手作りのフラクタル彫刻!花やキノコなど】の続きを読む

    顕微鏡で覗く微生物みたい。繊細なペーパーカットアート (1)

    微生物、珊瑚、植物、細胞、細菌、貝、化石、昆虫など、自然界に存在する様々な有機的なモデルに触発されて製作される紙の彫刻作品。以前に『微生物の拡大画像みたい!紙をカットして制作された細菌のペーパークラフト』で紹介したローガン・ブラウン (Rogan Brown) による新しいアート作品。

    生物学的なモチーフを紙で表現! by Rogan Brown

    【顕微鏡で覗く微生物みたい。繊細なペーパーカットアート】の続きを読む

    美しい質感。貝殻に髑髏(ドクロ)を彫った彫刻作品 (6)

    フィリピン出身で、現在はアメリカのニュージャージー州に住むグレゴリー・ハリリ (Gregory Halili) による彫刻作品。洋服のボタン素材としても使用される深みのある光沢の貝殻(白蝶貝・黒蝶貝)に、解剖学的な頭蓋骨の横顔を彫り、油絵具によって陰影を付加し仕上げを行う。神秘的に光り輝く貝殻のテクスチャと、ドクロの不気味な魅力との組み合わせが独特の美しさを放つ。

    貝との相性もばっちり!貝殻に宿るドクロ by Gregory Halili

    【美しい質感のドクロ!貝殻に頭蓋骨の形を彫った彫刻】の続きを読む

    ぐんにゃりペロリと石が曲がる!ねじられた岩や石の彫刻 (1)

    スペインの芸術家、ホセ・マヌエル・ロペス・カストロ (José Manuel Castro López)は、大理石、花崗岩などの岩や石に、魔法をかけるように有機的な表情を付加する。ぐんにゃりと曲がったり、ペロリと岩肌が剥がれたり、硬質な素材であるということが信じられないほど驚くべき彫刻作品だ。

    無機質で硬い岩や石が柔らかく見えてくる不思議な彫刻作品 by José Manuel Castro López

    【ぐんにゃりペロリと石が曲がる!ねじられた岩や石の彫刻作品】の続きを読む

    規則的!事務用品などの小物で作られた幾何学的な彫刻 (1)

    マサチューセッツ工科大学(MIT)のエンジニア、ザカリー・アベル (Zachary Abel) は、クリップ、トランプ、串など、身の回りにある事務用品や様々な小物を使って、幾何学的な構造体を制作する。数学による特定の式に従って組み立てられる緻密な彫刻作品だ。

    身近なモノから幾何学的な構造体を制作!規則的な彫刻作品 by Zachary Abel

    【規則的!事務用品などの小物で作られた幾何学的な彫刻作品】の続きを読む

    触手がうごめく!?タコの足が生えているタイプライター (1)

    アンティークなタイプライターからタコ足の触手が生えている奇妙な彫刻作品。どう見ても扱いにくそうなこのタイプライターは「Self-Organization (自己組織化)」と題されている。どうやらこのタイプライターは、人間の手を借りることなく、自律的にタコ自身が動作させるという代物らしい。

    ニュージーランドのアーティスト、コートニー・ブラウン(Courtney Brown) による作品。1938年式のUNDERWOODのタイプライターが使用されている。

    レトロなタイプライターにタコの足を生やしちゃったアート! by Courtney Brown

    【触手がうごめく!?タコの足が生えているタイプライター】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加