盲目の妊婦と赤ちゃんの感動物語 3dプリンタ 2

お腹の中で育っていく胎児を確認できる超音波検査は、母親にとって本当に特別な瞬間だ。しかし妊娠20週を迎えた妊婦のタチアナ(Tatiana Guerra)は、全盲の視覚障害者であり、超音波検査で胎児を"見る"ことは叶わないと思っていた。

3Dプリンタ技術の新しい可能性。3Dプリンタによって幾つもの感動ストーリーが生まれたが、母親タチアナと息子ムリーロ(Murilo)の胸像が出会いは、最も感動を呼んだ物語のひとつだろう。

盲目の妊婦タチアナがお腹の中の赤ちゃんに出会う!3Dプリンタで胎児を再現した感動のストーリー

【3Dプリンタでお腹の赤ちゃんと対面!盲目の妊婦の感動話】の続きを読む