ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    天才

    自閉症の6歳の少女が描く絵画が美しい! Iris Grace  (11)

    6歳の少女アイリス・グレース (Iris Grace) は、自然と本とアートと動物のことが好きで、特に彼女の愛猫 Thula を愛している。彼女は、コミュニケーション能力に障害が認められる自閉症スペクトラムと医師から診断されている。

    喋ることが苦手な6歳の少女は、今は他人との意思疎通に苦労しているが、類稀なアートの才能を通して存分に自己表現を行っている。そんな彼女の絵画作品と、生活の様子の一部を紹介しよう。

    自閉症の少女が描く絵 by Iris Grace

    【自閉症の6歳の少女が描く絵画が美しい! Iris Grace】の続きを読む

    ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画 (15)

    パブロ・ピカソは、1881年生まれ。世界的に有名なスペイン生まれ、主にフランスで活動した画家で1973年4月8日(91歳)で没した。

    早熟な天才とも知られるピカソの代表作は、スペイン内戦中の都市無差別爆撃を主題とした『ゲルニカ』や、西洋画のセオリーを否定した表現方法で、現代美術に影響を与えたキュビズム(立体派)の原始作とも呼べる『アヴィニョンの娘たち』などが挙げられる。

    そんなピカソは、多くの自画像も残している。肖像画を見ると、年代ごとにピカソによる絵画の表現スタイルが大きく変遷していく様子が手に取るようにわかる。若年期ほど古典的な絵画技法で描かれており、晩年期ほど人物の顔が記号化されたような、斬新な技法によって描かれている。

    生涯に渡り芸術を追求したピカソの作品は、およそ1万3500点の油絵と素描、3万4000点の挿絵、10万点の版画、300点の彫刻と陶器を制作しており、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に登録されている。文献 : Wikipedia

    今日は画家パブロ・ピカソの自画像を紹介しよう。

    パブロ・ピカソが描いた自画像、肖像画と、絵の表現方法の移り変わり

    【ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画】の続きを読む

    Albert Einstein Font

    理論物理学者の天才アルベルト・アインシュタインが、相対性理論を提唱した1915年からちょうど100周年にあたる2015年の今年。

    彼の筆跡に基づいてリアルなフォントを制作するプロジェクト「アルベルト・アインシュタイン・フォント (Albert Einstein Font)」が進行中だ。

    天才気分を味わえる?天才アインシュタインの筆跡をフォントで再現!Albert Einstein Font

    【アインシュタインの筆跡からフォントを作る!Albert Einstein Font】の続きを読む

    全盲の画家、ジョン·ブランブリットの絵画5

    こんなにも素晴らしくそしてカラフルな絵画が、視力を持たない全盲の人間によって描かれたという事実を、あなたは信じられるだろうか?

    ジョン・ブランブリット ( John・Bramblitt ) はテキサス州に住む盲目の天才画家 ( blind painter )。ジョン・ブランブリットは、2歳から苦しんでいた病気「てんかん」による合併症の結果として、29-30歳の時に視力失っていき、やがて全盲となった。そして、その頃から画家としての活動を始めた。

    失明した盲目の画家、ジョン・ブランブリットによる色鮮やかな絵画作品

    【全盲の天才画家、ジョン・ブランブリットが描く色鮮やかな絵画】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加