19世紀のポーランドの街並みに触発された都市の水彩画 (16)

第二次世界大戦時に破壊されてしまったポーランドの街は戦後の共産主義体制下において再建された。水彩画家Tytus Brzozowskiは、19世紀のポーランドの街の建築美の魅力を再作成し、過去と現在そして近未来的な要素をイメージに追加した。不思議な建築構造をした家々や公共の乗り物など、魅惑的な街並みを水彩で描いた。

【19世紀のポーランドの街並みに触発された都市の水彩画】の続きを読む