ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ポルトガル

    蓋の裏にインクを使って描くモノクロ絵画 (4)

    普段は捨ててしまう金属製の蓋をキャンバスとして再利用したちょっとした絵画作品。人物の肖像画、植物、動物など、白黒のシンプルな作品でありながら味がある。ポルトガルのイラストレーター Sílvia Franco Santosによる作品。

    蓋の裏にインクを使って描くモノクロ絵

    【蓋の裏にインクを使って描くモノクロ絵】の続きを読む

    ポルトガル、リスボンの玄関ドア

    ポルトガルの写真家、アンドレ・ビセンテ・ゴンサルベス (André Vicente Gonçalves) は、彼が旅行をした様々な国の玄関ドアや窓の写真を撮りためてアーカイブ化した。世界の国々の玄関ドア、窓の写真シリーズ『Windows of the World』は、国の特色が表れていてなかなか面白い。

    窓とドアをいっぱい並べる。世界の国々の玄関ドア窓のデザイン by André Vicente Gonçalves

    【家の数だけ玄関ドアや窓のデザインがある!国によって異なるドアと窓の写真『Windows of the World』】の続きを読む

    火の玉?神の手?マデイラ諸島の上空に現れた雲が凄い! (3)

    北大西洋上のマカロネシアに位置するポルトガル領、マデイラ諸島の上空に現れたのは、赤く燃えるような大きな塊状の雲。火の玉?FFのメテオ?燃える拳?神秘的なそれを人々は『The Hand Of God / 神の手』と呼んだらしい。とにかく立派な雲だが、まるで世界の終焉を見るような気さえする。

    この写真は、ブロガーであるホジェリオ・パチェコ (Rogerio Pacheco) によってSNSで共有され、すぐに話題となった。

    インパクト絶大!燃えるような巨大な雲 by Rogerio Pacheco

    【『神の手』と名づけられたマデイラ諸島の上空に現れた雲が凄い!】の続きを読む

    木の幹を鋳型にしたウイスキーボトル (1)

    伝統的な手吹きガラスによるガラス製作工程に、木の幹を鋳型にする技術を取り入れる。ポルトガルのブランドVicara から、デザイナーサミュエル・レイス(Samuel Reis)と地元のガラス職人の手によるボトル作品。

    木の幹の空洞を鋳型にして吹きガラスを整形する独特なガラスビン製作!

    【木の幹を鋳型にするガラス製作。ウイスキーボトル!】の続きを読む

    粗大ゴミをリサイクルしたストリートアート Artur Bordalo 1

    インパクトがある巨大な壁画。粗大ゴミを素材に動物の形を作って、その上からカラースプレーを使ってダイナミックにペイントが施されている。

    実はこのストリートアート、人間が出す廃棄ゴミによって自然や動物が苦しんでいるんだ、というメッセージが込められている。

    粗大ゴミをリサイクルして立体的な壁画を描く!エコなストリートアート by アルトゥール・ボーダル (Artur Bordal) Bordalo II

    【粗大ゴミを再利用して描かれた壁画動物!エコなストリートアート】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加