日本文化『魚拓』で描かれる海外アーティストによる絵画作品 (1)

魚拓とは、主に漁師や釣り人が、捕らえた魚の大きさを記録するために、魚に墨を塗って和紙などにその姿を写すことを指し、日本では19世紀頃から行われてきた伝統的な文化だ。

その魚拓(Gyotaku)を、自らの絵画手法に取り入れた海外の画家、ヘザー・フォルトナー (Heather Fortner)の作品を紹介しよう。魚たちが生き生きと色鮮やかに描かれた素晴らしい作品は、彼らがかつて海を自由に泳いでいた時の、美しい姿を想像させる。

魚拓で彩られる!絵画になった魚たち by ヘザー・フォルトナー (Heather Fortner)

【日本文化『魚拓』で描かれる海外アーティストによる絵画作品】の続きを読む