塗装が剥がれた家の壁に描かれるほんの小さな壁画 (7)

パレスチナ難民問題のストーリーを描いた壁画作品。影絵のような小さな壁画は、中東戦争によって生まれたヨルダン、アンマンにあるアル・フセイン難民キャンプについて語る。スペイン、バルセロナのアーティスト Pejac は、詩的な方法で環境問題や社会問題に触れる作品を世界中に残していく。

描かれるのは小さなストーリー。剥がれた塗装と壁画 by Pejac

【剥がれた塗装を利用!難民問題を描いた小さな壁画作品】の続きを読む