ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    パブロ・ピカソ

    ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画 (15)

    パブロ・ピカソは、1881年生まれ。世界的に有名なスペイン生まれ、主にフランスで活動した画家で1973年4月8日(91歳)で没した。

    早熟な天才とも知られるピカソの代表作は、スペイン内戦中の都市無差別爆撃を主題とした『ゲルニカ』や、西洋画のセオリーを否定した表現方法で、現代美術に影響を与えたキュビズム(立体派)の原始作とも呼べる『アヴィニョンの娘たち』などが挙げられる。

    そんなピカソは、多くの自画像も残している。肖像画を見ると、年代ごとにピカソによる絵画の表現スタイルが大きく変遷していく様子が手に取るようにわかる。若年期ほど古典的な絵画技法で描かれており、晩年期ほど人物の顔が記号化されたような、斬新な技法によって描かれている。

    生涯に渡り芸術を追求したピカソの作品は、およそ1万3500点の油絵と素描、3万4000点の挿絵、10万点の版画、300点の彫刻と陶器を制作しており、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に登録されている。文献 : Wikipedia

    今日は画家パブロ・ピカソの自画像を紹介しよう。

    パブロ・ピカソが描いた自画像、肖像画と、絵の表現方法の移り変わり

    【ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画】の続きを読む

    有名な絵画を図形で再構築して描いた彩画 (7)

    画家パブロ・ピカソの作品などに見られる、対象を主に幾何学的な図形に還元して描く、キュビズム(立体派) のスタイルに基づく水彩画作品。これらの作品を手掛けたアーティスト、アダム・リスター (Adam Lister) は、レオナルド・ダ・ヴィンチ、葛飾北斎などの有名な画家の作品を再構築したり、スターウォーズ、ポパイ、バットマンなどのポップカルチャーに登場するキャラクターの水彩画をカクカクに描いた。

    複雑で味が深い!図形で構成された水彩画 by Adam Lister

    【カクカク!有名な絵画などを図形のみで再構築して描いた水彩画】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加