巨大な蜂の巣とのバトル!ネパールの伝統的な蜂蜜ハンター (1)

ネパール西部中央に居住する山賊民族、グルン族。古来より受け継がれし伝統的な蜂蜜狩りの風景。蜂蜜ハンターたちは、ヒマラヤの険しい崖に手織りのロープで作ったハシゴを架けて、勇猛果敢に蜂の群れの中へと入っていく。

煙火で蜂を弱らせ、伝統的な長い竹の竿を扱って、蜂の巣をうまくカゴへと落としていく。崖から落下して命を落とす危険を冒して、グルン族は巨大な蜂の巣から良質の天然蜂蜜を得ることができる。

蜂さんと一触即発のバトル!!命をかけたネパールの蜂蜜狩り

【巨大な蜂の巣とのバトル!ネパールの伝統的な蜂蜜ハンター】の続きを読む