ニュルもしくはニョロっとした波打つ半透明性のガラス彫刻 (1)

なにものにも形容しがたいニュルっとした感じのガラスの彫刻作品。半透明性の中に鮮やかなカラーが含まれていて、彫刻の先端は風になびくように、はたまた粘着性のある液体かのように、ニョロニョロしている。ナスビが奇抜な進化を遂げたようにも見えてくる有機的な感触。

ニュルもしくはニョロっとした波打つ半透明性のガラス彫刻

【ニュルもしくはニョロっとした波打つ半透明性のガラス彫刻】の続きを読む