ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    タコ

    キモカワ?タコの足とイヌの顔が合体している編み物『Octodogs』 (2)

    イヌの頭を持ったタコ?タコの足が生えちゃったイヌ?なぜそうなっちゃったのかは謎であるが、とにかくタコと、ブルドッグやダックスフンドなどのイヌが合体していることは確からしい編み物『Octodogs』。片眼鏡をかけていて、なんだかとてもインテリな雰囲気を漂わせているぞ。

    その昔『天才バカボン』というギャグ漫画に、ウナギとイヌの間に生まれちゃったウナギイヌという斬新なキャラクターがいたのだが、もしかするとそんなノリなのかも知れない。

    ちょっと癖になる不思議な生き物『Octodogs』 by Zane Uzkliņģe

    【キモカワ?タコの足とイヌの顔が合体している編み物『Octodogs』】の続きを読む

    廃棄されたボールペンで1年かけて描かれた巨大なタコの絵 (1)

    カナダ、トロントのアーティスト Ray Cicin は、彼の友人のグラフィックデザイナーがボールペンの有用性を疑問視した事をきっかけに、廃棄されたボールペンのみを用いて巨大なタコ(蛸)の絵を描くことに挑戦した。

    絵の完成には1年もの時間がかかったが、素晴らしいアートワークが誕生した。絵は、ドイツの生物学者、哲学者であったエルンスト・ヘッケルの有名な イカやタコ の絵画に触発されている。

    使う人が凄い!廃棄ボールペンだけで描かれたタコの絵 by Ray Cicin

    【廃棄されたボールペンでアートに挑戦!1年かけて描かれた巨大なタコの絵】の続きを読む

    触手がうごめく!?タコの足が生えているタイプライター (1)

    アンティークなタイプライターからタコ足の触手が生えている奇妙な彫刻作品。どう見ても扱いにくそうなこのタイプライターは「Self-Organization (自己組織化)」と題されている。どうやらこのタイプライターは、人間の手を借りることなく、自律的にタコ自身が動作させるという代物らしい。

    ニュージーランドのアーティスト、コートニー・ブラウン(Courtney Brown) による作品。1938年式のUNDERWOODのタイプライターが使用されている。

    レトロなタイプライターにタコの足を生やしちゃったアート! by Courtney Brown

    【触手がうごめく!?タコの足が生えているタイプライター】の続きを読む

    タコ耳カフ

    タコ(蛸)は頭から足が生えているイカと同じ構造を持つ「頭足類」に属する海洋棲の軟体動物だ。イギリスでは「悪魔の魚 / デビルフィッシュ (devilfish)」などと呼ばれて敬遠されてきたタコだが、日本においては世界で水揚げされるタコの2/3を消費しているというくらい日本人はタコを食べるのが大好きである。きっとみんなもタコには親しみがあるに違いない。

    食べても美味しいタコであるが、その独特な外見は色々な製品のデザインに用いられるケースも多い。今回はインテリアから身近なグッズまで、タコの外見をテーマにしているタコデザインのアイテムを紹介するよ!

    デザインにしても映えるタコの色々なアイテムでタコ尽くし!

    【タコ大好き!タコデザインのユニークなタコグッズ!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加