ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    スペイン

    横断歩道がカラフルにペイントされたスペインの首都マドリード (1)

    横断歩道と言えば歩行者が安全に歩けることが最も大切だが、ただ白線の上を歩くのは、どうも包帯の上を歩いているようで良い感じはしない。はたして平凡な交差点に美を生み出すことはできるのだろうか。そんな思いから彼はカラフルにペイントしてみたんだ。

    もっぱら無機質な白線のラインが並んでいる普通の横断歩道が、アーティストの手によって色鮮やかに生まれ変わったスペイン・マドリードの街の様子を紹介しよう。

    【横断歩道がカラフルにペイントされたスペインの首都マドリード】の続きを読む

    超爽やか!革新的な青いワイン『Gik』 (3)

    スペインのバスク地方各地から調達された赤と白ブドウのブレンドに、インディゴ顔料、アントシアニン、葡萄の皮の顔料などをミックスした青いワイン『Gik』。20代の若いイノベイターたちによって開発された新しいワインは、夏にピッタリなとても清涼感溢れるイメージ。口当たりが良く、赤ワインや白ワインよりも甘く作られているという『Gik』。アルコール含有量は11.5%だ。

    赤と白の後は青!飲んでみたい…青いワイン『Gik』

    【超爽やか!革新的な青いワイン『Gik』】の続きを読む

    塗装が剥がれた家の壁に描かれるほんの小さな壁画 (7)

    パレスチナ難民問題のストーリーを描いた壁画作品。影絵のような小さな壁画は、中東戦争によって生まれたヨルダン、アンマンにあるアル・フセイン難民キャンプについて語る。スペイン、バルセロナのアーティスト Pejac は、詩的な方法で環境問題や社会問題に触れる作品を世界中に残していく。

    描かれるのは小さなストーリー。剥がれた塗装と壁画 by Pejac

    【剥がれた塗装を利用!難民問題を描いた小さな壁画作品】の続きを読む

    なんかメカっぽい!野生動物、人間、建造物の彫刻 (8)

    スペインの彫刻家 Fernando Suárez Reguera による彫刻作品。彫刻のモチーフは、サイ、ゴリラ、ゾウなどの野生動物や、躍動する人間、都市の建造物にまでにいたる。青銅、鉄、樹脂からなるユニークな作品は、どこかロボットっぽくて格好良いし、今にも動き出しそうだ。

    夢溢れるロボ系彫刻! by Fernando Suárez Reguera

    【なんかメカっぽくてカッコイイ。野生動物、人間、建造物の彫刻作品】の続きを読む

    ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画 (15)

    パブロ・ピカソは、1881年生まれ。世界的に有名なスペイン生まれ、主にフランスで活動した画家で1973年4月8日(91歳)で没した。

    早熟な天才とも知られるピカソの代表作は、スペイン内戦中の都市無差別爆撃を主題とした『ゲルニカ』や、西洋画のセオリーを否定した表現方法で、現代美術に影響を与えたキュビズム(立体派)の原始作とも呼べる『アヴィニョンの娘たち』などが挙げられる。

    そんなピカソは、多くの自画像も残している。肖像画を見ると、年代ごとにピカソによる絵画の表現スタイルが大きく変遷していく様子が手に取るようにわかる。若年期ほど古典的な絵画技法で描かれており、晩年期ほど人物の顔が記号化されたような、斬新な技法によって描かれている。

    生涯に渡り芸術を追求したピカソの作品は、およそ1万3500点の油絵と素描、3万4000点の挿絵、10万点の版画、300点の彫刻と陶器を制作しており、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に登録されている。文献 : Wikipedia

    今日は画家パブロ・ピカソの自画像を紹介しよう。

    パブロ・ピカソが描いた自画像、肖像画と、絵の表現方法の移り変わり

    【ピカソの自画像!15歳から90歳までの肖像画】の続きを読む

    ポルトガル、リスボンの玄関ドア

    ポルトガルの写真家、アンドレ・ビセンテ・ゴンサルベス (André Vicente Gonçalves) は、彼が旅行をした様々な国の玄関ドアや窓の写真を撮りためてアーカイブ化した。世界の国々の玄関ドア、窓の写真シリーズ『Windows of the World』は、国の特色が表れていてなかなか面白い。

    窓とドアをいっぱい並べる。世界の国々の玄関ドア窓のデザイン by André Vicente Gonçalves

    【家の数だけ玄関ドアや窓のデザインがある!国によって異なるドアと窓の写真『Windows of the World』】の続きを読む

    ガスバーナーや日本刀を用いてヘアカットする美容師 (1)

    スペイン、マドリードの美容師アルベルト・オルメド (Alberto Olmedo) がヘアカットに用いるのは、通常のハサミの他に、鋭利な日本刀、小型のガスバーナー、両手両指に装着する鉤爪。いったいどんな技を見せてくれるのだろうか!?

    素敵なヘアスタイルを作るための最適解?まるで忍者なヘアスタイリスト Alberto Olmedo!

    【まるで忍者!火や日本刀を用いてヘアカットする美容師が現る】の続きを読む

    ぐんにゃりペロリと石が曲がる!ねじられた岩や石の彫刻 (1)

    スペインの芸術家、ホセ・マヌエル・ロペス・カストロ (José Manuel Castro López)は、大理石、花崗岩などの岩や石に、魔法をかけるように有機的な表情を付加する。ぐんにゃりと曲がったり、ペロリと岩肌が剥がれたり、硬質な素材であるということが信じられないほど驚くべき彫刻作品だ。

    無機質で硬い岩や石が柔らかく見えてくる不思議な彫刻作品 by José Manuel Castro López

    【ぐんにゃりペロリと石が曲がる!ねじられた岩や石の彫刻作品】の続きを読む

    黒い紙で作られた蝶のアート 7

    メキシコのビジュアル・アーティスト(視覚芸術家) Carlos Amoralesによる作品。30,000頭の黒い蝶を紙で製作し、スペインの古いバロック様式の教会などに解き放たった。

    漆黒の蝶が壁を這う!Carlos Amoralesのアート

    【黒い蝶が教会を支配する!紙のアート「ブラッククラウド」】の続きを読む

    チンダビダルの錯視的絵画アート Cinta Vidalby

    スペインバルセロナを拠点に活動する芸術家・アーティストである チンダ・ヴィダル (Cinta Vidalby Agulló) による絵画アート。木製パネルにアクリルで色付けをする。視点が交差するカプセル化されたシーンを作成するために、非重力構造の世界を構築する、錯視的な絵画だ。

    非重力構造の世界に人が住む!上下左右逆さまにひっくり返ったような絵画 チンダ・ヴィダル (Cinta Vidalby Agulló)

    【錯視的!重力に逆らい建築物や人が倒立する世界。絵画アート】の続きを読む

    立体化した木

    スペインの芸術家、ハビエル・リエラ ( Javier Riera ) によるアート作品。自然や木々などの有機的なフォルムを素材背景にして、そこに光を投影することで超現実的で幾何学的な構造に生まれ換えさせる。

    木々がまるでデジタル化して立体化したかのような画像は必見だ。ちなみにデジタルなレタッチ(修正)は一切行われていない。

    自然の風景が立体化するアート!光を投影して幾何学的な模様を生み出すハビエル・リエラによる作品

    【自然や木々などの有機的なフォルムに、立体的・幾何学的な構造を付加する光のアート!】の続きを読む

    Jaime Sanjuan Osabo

    誰だって絵が上手くなりたいと思ったことが一度はあるはず。 絵を描くためには道具が必要だ。一般常識的な考えであれば鉛筆と紙、色を塗りたいなら絵の具やキャンパスだが、文明が発達した現代社会では、もっと様々なツールが存在し、アートの可能性は無限大にある。

    iPadのタッチパネルと指だけで描く、ハイレベルな現代アート by Jaime Sanjuan Osabo

    【iPadだけを使ったフィンガーペインティングでここまで描ける!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加