盲目の迷い猫。珍しい毛色のキメラネコが愛を知る (1)

ジャスミン(Jasmine)は迷い子猫だった。フランスのある通りで、おびえながら放浪していたところを発見された。彼女は二つの異なる遺伝子細胞を合わせもった珍しい毛色をしている。いわゆるキメラと呼ばれるネコだ。

そして明るい場所の下でも、瞳孔が大きく開きっぱなしになっていることから分かるように、ジャスミンはこの世界を見ることができない。だから決して一匹では生きていくことはできなかった。

盲目のキメラ猫、ジャスミンのお話と画像

【盲目の迷いネコ。珍しい毛色のキメラ猫が愛を知る】の続きを読む