廃棄されたボールペンで1年かけて描かれた巨大なタコの絵 (1)

カナダ、トロントのアーティスト Ray Cicin は、彼の友人のグラフィックデザイナーがボールペンの有用性を疑問視した事をきっかけに、廃棄されたボールペンのみを用いて巨大なタコ(蛸)の絵を描くことに挑戦した。

絵の完成には1年もの時間がかかったが、素晴らしいアートワークが誕生した。絵は、ドイツの生物学者、哲学者であったエルンスト・ヘッケルの有名な イカやタコ の絵画に触発されている。

使う人が凄い!廃棄ボールペンだけで描かれたタコの絵 by Ray Cicin

【廃棄されたボールペンでアートに挑戦!1年かけて描かれた巨大なタコの絵】の続きを読む