ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    イラストレーター

    着ぐるみ『カラス人間』がリアルすぎて怖い…! (2)

    まるで人間みたいなカラス。といっても勿論本物のカラスではない。これは実は海外のイラストレーター Rah-Bop さんが製作した着ぐるみで、つまりコスプレなのだ。本当にこんなカラス人間が存在しそうなリアリティを醸し出していて、ちょっとどころか半端なく怖い。夜道で遭遇したら絶叫して逃げ出す自信があるぞ。

    こんなカラスいたらやべぇよ…人間みたいなカラス(の着ぐるみ)!

    【着ぐるみ『カラス人間』がリアルすぎて怖い…!】の続きを読む

    スウェーデンの御伽噺ちっくなイラスト作品を紹介。 (12)

    幻想的な創作動物、緑に包まれた時計仕掛けの不思議世界。夢の中に迷い込んだようなおとぎ話チックなイラストレーション。スウェーデンのアーティスト、アレクサンダー・ヤンソン(Alexander Jansson) による作品。

    誰も知らないファンタジーな物語の中に飛び込んでみたい by Alexander Jansson

    【スウェーデンのイラストレーターによる御伽噺ちっくなイラスト作品を紹介。】の続きを読む

    Sci-fi イラスト Simon Stålenhag 4

    スウェーデンのイラストレーター Simon Stålenhag による創造的なイラストアート。スウェーデンのレトロな田舎の風景を背景にして、恐竜のようなメカロボットが登場する陰鬱なサイエンスフィクション(SF)を描いた。

    【スウェーデンにメカが舞い降りる!空想化学なレトロSFイラスト】の続きを読む

    Helen Ahpornsiri

    イギリスのイースト・サセックス州にスタジオ持つ、イラストレーター、芸術家の Helen Ahpornsiri による繊細なアート。シダ植物の葉を押し花のように紙に貼り付けていきイラストを制作する。

    昆虫や鳥や兎、タツノオトシゴからトリケラトプス、そしてドクロまで、Helen Ahpornsiri が描くモデルは多種に渡る。細かく精巧にシダの葉を切り、上手く貼り付けられていて見れば見るほど奥が深い作品に仕上がっている。

    シダの葉の押し花。シダの葉で描かれた繊細なイラストアート作品

    【シダの葉で制作された繊細な押し花によるイラストアート作品】の続きを読む

    Journey to the City with No Horizon

    ネガティブスペースとは、アートの世界で「対象の間に存在する空間」という意味の用語だ。1915年頃にデンマークの心理学者であるエドガー・ルビンが考案した 「ルビンの壷」 であれば、おそらく誰もが一度は見た事があるのではないだろうか?

    ルビンの壷
    photo @ wikipedia

    「ルビンの壷」とは、黒地と白地の2色の図形から成り立っており、2人の大人が向き合った顔にも、影の部分が壷の形にも見えるという、あの画像の事である。ネガティブスペースを応用した代表的な作品であると言える。

    今回紹介するのは、そのネガティブスペースにキラめく要素を詰め込み、まるで2つの世界が存在するかのような素敵なアート作品だ。騙し絵のような、目の錯覚のような、そんなちょっと不思議な感覚を楽しんで頂きたい。

    ネガティブスペースに描くユニークでシュールな世界。騙し絵のような絵画のアートデザイン

    【ネガティブスペースにキラめく要素を巧みに描くイラストアートデザイン】の続きを読む

    コーヒーで描かれたアフリカ象

    絵画って絵の具で色付けるものじゃないの?いいや、今の時代じゃ何でもありなのさ。これから紹介するのはコーヒーのみを塗料として使って描かれたハイクオリティな絵画のアートイラストだ!

    マリア・A・アリスティド ( Maria A. Aristidou )は、イギリスやキプロスを拠点に活動しているプロのイラストレーター。クリエイティブなイラストの他にも商業デザインなどを行う。マリアは被写体によっては約五つの異なるコーヒーをブレンドして色合いを調整しながら絵を描いていく。

    コーヒーで描かれた絵が凄い!コーヒーで色を付けられたイラストアートの画像

    【コーヒーで描かれた絵画イラスト!珈琲画・コーヒー画。コーヒーだけに良い味】の続きを読む

    宮崎駿のカラーパレット

    デザイナー兼イラストレーターの Hyo Taek Kim は、自身が好きな宮崎駿監督の、ジブリのアニメ作品で使用されているカラーの内訳を作った。

    横縞に並べられてPANTONE(色見本)のように整理された「宮崎駿のカラーパレット」と、ジブリアニメ作品のDVDパッケージを見比べてみよう!

    日本アニメの巨匠、宮崎駿のカラーパレットを色見本風に作成してみた!

    【宮崎駿作品のカラーパレットをPANTONE(色見本)風に並べてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加