ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本文化

    一枚の紙から折り紙で作る動物!折り紙アート (18)

    そういえば鶴の折り方を忘れちゃったな。日本に住んでいる皆は、子供の頃にたくさん折り紙を折って遊んだ記憶があるんじゃないかな。誰かに教えてもらったり、学校で習ったり、折り紙の折り方が書いてあるマニュアルを読んでみて折ったり。なんか折り紙って海外でも『ORIGAMI』って言葉で知られる世界に通じるスゴイ日本文化らしいよ!

    一枚の紙から折り紙で作る動物!職人の手による折り紙アート by Gonzalo Garcia Calvo

    【一枚の紙から折り紙で作る動物!職人の手による折り紙アート】の続きを読む

    約100年前、明治時代に撮られた白黒写真。日本人の日常を映す (1)

    1908年(明治41年)、日本を訪れたドイツの学者が6ヶ月の滞在期間の中で撮り溜めた古き日本の貴重な白 黒写真。商店が立ち並ぶ町並み、、立ち話をする大人達、遊びまわる子供達など、日常生活を送る当時の日本人の姿が数多く映されている。

    100年前の日本の町並と人々の生活を記録した写真 by Arnold Genthe

    【約100年前、明治時代に撮られた白黒写真。日本人の日常を映す】の続きを読む

    ラストサムライ…!19世紀、明治時代の侍の貴重な写真 (2)

    明治時代1876年に施行された秩禄処分や廃刀令により、武士(侍)は既得権やアイデンティティーを失い、徐々にその姿を消していくことになる。そんな時代の変化の分かれ目に撮影された貴重な侍たちの画像を紹介しよう。生き様が失われていく中、凛とした佇まいで遠くを見つめる彼らの瞳には何が映る。

    19世紀に撮影された貴重な武士(侍)達の写真特集

    【ラストサムライ…!19世紀、明治時代の武士(侍)の貴重な写真27枚】の続きを読む

    コイ寿司!自宅でも簡単に作れる鯉の形をしたお寿司 (1)

    海外でも大人気の日本食と言えばやっぱり『寿司(Sushi)』!YOUTUBEチャンネル JunsKitchen で紹介されていたのは、自宅でも簡単に作れる鯉の形をしたお寿司だよ。とても鮮やかで見た目よし食べてよしの寿司好きには堪らない洒落たアレンジになっている。

    かわいい鯉さんのお寿司の画像とハウツー動画 by JunsKitchen

    【コイ寿司!自宅でも簡単に作れる鯉の形をした握り寿司】の続きを読む

    立体的で本物みたい!日本人が描く金魚すくいの絵が凄い (1)

    日本人の美術作家、深堀隆介氏 (Riusuke Fukahori) が生み出すハイパーリアルな金魚の絵の世界。水を模した透明な樹脂の上にアクリル絵具で金魚を描き、その上から更に樹脂を流し込んで固め、まるで現実に存在するかのような臨場感と立体感を醸し出している。

    紹介する画像は、2015年11月にジョシュア・ライナー・ギャラリー (Joshua Liner Gallery) で開かれた個展で公開された作品で、日本では馴染みの深いお祭りでの金魚すくいの風景のほか、枡に入った金魚、竹帽子に入った金魚など、日本の美しき懐かしき風情を感じさせる作品となっている。

    金魚すくえちゃいそう。超リアルな金魚の絵『金魚救い』 by Riusuke Fukahori

    【本物の存在感!日本人が描くリアルな金魚すくいの絵が凄い】の続きを読む

    # ピアノ
    Patricia Crawford


    日本の伝統的な折り紙遊びは、今や欧米を始めとした多くの国々で「Origami」という言葉が通じるほど浸透しているという。今回は、そんな折り紙文化を愛した世界中のアーティストが作る独創的な折り紙作品をたくさん紹介しちゃうよ!

    折り紙の可能性は無限大!何でも作れちゃうスゴイ折り紙アート作品いろいろ by Various Artists

    【世界中のアーティストによるスゴイ折り紙アート16選】の続きを読む

    禅の庭にインスピレーションを受けて製作された「砂の時計」 (1)

    時計の針が砂を掻くように回転して、現在の時間を知らせてくれる風流な「砂の時計 / SAND」。日本庭園に見られる枯山水や禅の文化に触発された時計で、描かれた美しい砂紋は24時間ごとにリセットされる仕組みになっている。デザインスタジオ Studio Ayaskan によるユニークな時計デザイン。

    枯山水!砂紋が時間を知らせる時計デザイン by Studio Ayaskan

    【枯山水!日本の禅の庭に触発された「砂の時計」】の続きを読む

    日本文化『魚拓』で描かれる海外アーティストによる絵画作品 (1)

    魚拓とは、主に漁師や釣り人が、捕らえた魚の大きさを記録するために、魚に墨を塗って和紙などにその姿を写すことを指し、日本では19世紀頃から行われてきた伝統的な文化だ。

    その魚拓(Gyotaku)を、自らの絵画手法に取り入れた海外の画家、ヘザー・フォルトナー (Heather Fortner)の作品を紹介しよう。魚たちが生き生きと色鮮やかに描かれた素晴らしい作品は、彼らがかつて海を自由に泳いでいた時の、美しい姿を想像させる。

    魚拓で彩られる!絵画になった魚たち by ヘザー・フォルトナー (Heather Fortner)

    【日本文化『魚拓』で描かれる海外アーティストによる絵画作品】の続きを読む

    スタジオジブリ宮崎駿へのトリビュートアニメ作品 (2)

    世界中の多くのアニメーターやアーティストに影響を与え続けているスタジオジブリ宮崎駿監督のアニメーション作品。そんな素晴らしい宮崎駿アニメに敬意を表して、オマージュやトリビュート作品が制作される事も多い。

    本記事では、劇中で観た宮崎駿作品の映像風景に奥行きを付加し、そのまま3Dアニメーションとして立体化したかのような臨場感溢れる動画を紹介する。

    ジブリアニメの世界観が立体的な映像になって蘇る!3Dアニメーション風 、宮崎駿監督へのオマージュ by dono

    【宮崎駿アニメの世界観を立体的に映像化したオマージュ動画作品】の続きを読む

    金魚の飴細工 1

    日本伝統の製菓技術である「飴細工」の技術を現代に受け継ぎ、その発展に寄与する飴細工師集団、「飴細工アメシン(AMESHIN)」。 東京浅草にあるアメシンは、今海外のネットで話題のロリポップだ!

    透き通る超リアルな動物造形が綺麗な飴細工!日本伝統文化の飴細工アメシン!

    【超リアルな動物の飴!東京浅草の飴細工 アメシン(AMESHIN)】の続きを読む

    寿司ソックス

    皆さんは「寿司ソックス」なる靴下をご存知だろうか。もはや何の説明もいるまい、日本食の代表と言っても過言ではない寿司の見た目形をしたソックスのことである。

    僕は初めにこの記事を発見した時に、「どんだけ寿司好きやね~ん!」と脳内で一人突っ込みを入れてしまったのだが、寿司は美味しいし日本人にも外国人にも愛されている日本料理なのだから仕方があるまい。

    そんな寿司の靴下、寿司ソックス、今海外の日本食マニアの間では、密かに話題になっているのかも知れない。

    日本発、日本食の寿司を模した寿司ソックス!どうみても美味しそうな寿司

    【海外で大人気!?寿司の形をした寿司ソックスがまるで寿司のようだと話題に】の続きを読む

    宮崎駿のカラーパレット

    デザイナー兼イラストレーターの Hyo Taek Kim は、自身が好きな宮崎駿監督の、ジブリのアニメ作品で使用されているカラーの内訳を作った。

    横縞に並べられてPANTONE(色見本)のように整理された「宮崎駿のカラーパレット」と、ジブリアニメ作品のDVDパッケージを見比べてみよう!

    日本アニメの巨匠、宮崎駿のカラーパレットを色見本風に作成してみた!

    【宮崎駿作品のカラーパレットをPANTONE(色見本)風に並べてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加