ラビトーク!

    海外アート、犬猫動物ネタ、綺麗風景、おもしろ海外記事・動画を紹介!

    • Twitter
    • RSS
    • follow us in feedly
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    海洋生物・水棲動物

    野生のワニの写真を撮るために危険を冒すカメラマン (8)

    自然写真家の中でも、野生動物を被写体として活動するカメラマンは、かなり過酷な職業であることで有名だ。動物達はいつ現れてくれるかも分からないし、時には何日も根気強くキャンプをする必要がある。やっと現れた動物達は笑顔で撮影に応じてくれるわけでもなく、時にはこちらが襲われてしまう危険だってある。そんなリスクを負ってでも、プロのカメラマン達は写真を撮ることを決して諦めない。自然の中で力強く生きる野生動物の姿は何よりも美しく、彼らの気持ちを強く掴むからだ。

    ワニさんこちら。巨大ワニに接近して迫力のある写真を撮影するプロカメラマン! by Rodrigo Friscione

    【命懸け!野生のワニの凄い写真を撮るために危険を冒すカメラマン】の続きを読む

    空の水族館!超大きいシロナガスクジラの凧がビーチに浮かぶ (1)

    シロナガスクジラといえば、現在地球上に存在する中で最も大きい哺乳類に分類される動物だ。心臓の重さだけでも400kg以上にもなるという超ビッグなシロナガスクジラがプカプカと空を飛ぶ!?

    90フィート(およそ27m)という大きさはシロナガスクジラの実寸大(シロナガスクジラの体長は平均20m~34m)であり、ビーチで戯れる人間と比べればその大きさは一目瞭然だ。ショーやイベントのために凧を制作しているチームthe Holland Kite Teamが設計した。

    海を泳ぐように空を飛ぶよ。シロナガスクジラの超巨大風船

    【空の水族館!超大きいシロナガスクジラの凧がビーチに浮かぶ】の続きを読む

    エアダクトから珊瑚礁。陶磁器による彫刻 (9)

    アメリカ、サンフランシスコ出身のアーティスト、コー​​トニー・マチソン (Courtney Mattison) による彫刻作品『Aqueduct / アクアダクト』。セラミックで作られていたイソギンチャク、珊瑚、海綿動物などはエアダクトから発芽した。海の生態系の変化や環境保全への意識を高めるための表現が用いられた。

    陶磁器で作る!わらわら珊瑚礁『Aqueduct / アクアダクト』 by

    【エアダクトから珊瑚礁。陶磁器による彫刻作品『Aqueduct』】の続きを読む

    中国に超巨大なカニ現る!藁(わら)のカニ (5)

    中国、崇明県の農家の畑に現れたのは藁(わら)で作られた巨大な3匹のカニ。中国の一部の地域では、収穫後の稲わらを燃やして残った灰の一部を土地の肥料として利用しているが、稲わらを焼却することによって大気汚染が生じる問題がある。この巨大なカニさんプロジェクトの背景には、アーティストがリサイクルした稲わらを使用することによって、中国の環境汚染問題の意識を高める狙いがある。

    クリーンエネルギーを求めてわら製の巨大なカニさんがわらわら!

    【中国に超巨大なカニさん現る!藁(わら)をリサイクルして作られたカニ】の続きを読む

    のんびり生きる亀可愛い!小さなカメから大きいカメまで亀画像 (25)

    のんびりゆったり生きる亀さんはとっても長生き。小型の亀の寿命でも30年くらいは生きると言われていて、世界最高齢の亀さんにもなると250歳も生きたと言われるから驚きだ。人間も亀さんのように深いことを考えないでマイペースに生きていくのが長生きの秘訣かも知れないね。

    さて今日はカメさん画像特集だ。指でつまめるほどの小さな亀さんの画像がメインだよ。

    憎めないかわいさ!表情豊かで愛嬌たっぷりな小さい亀さん画像いっぱい

    【のんびり生きる亀さんかわいい!小さな亀さん画像特集】の続きを読む

    神秘的!北極圏に存在する未知の海洋生物たちの画像 (1)

    生命の神秘に満ち溢れている海だが、海に生息している生物の内の80%は、まだ研究がされていなかったり、発見すらされていなかったりするという。そんな不思議いっぱいの海を探索して、まだ誰も見たことがない生物を研究する人達がいる。

    ロシア、モスクワ国立大学のWhite Sea Biological Stationで自然を研究する生物学者のアレクサンドル・セミョーノフ (Alexander Semenov) は、海への設備にアクセスできることを生かして、世界中の海に潜り、謎に包まれた海洋生物たちを撮影しては日々研究を重ねている。

    今回紹介するのは、北極圏で撮影された神秘的な生物たちの画像だ。

    海は宇宙のように謎が深い!不思議いっぱいな海洋生物たちの画像 by Alexander Semenov

    【神秘的!北極圏に存在する未知の海洋生物たちの画像【クリオネ、ワーム、クラゲなど】】の続きを読む

    海岸で拾ったゴミで作られた海洋生物の巨大な彫刻 (1)

    サメ、ペンギン、ヒトデなどの海洋生物をモチーフとした印象的で巨大な彫刻作品は、海岸に棄てられたゴミ、海岸に漂着したゴミ、放棄されたプラスチック製品など、海岸で拾われた廃棄物を材料にして制作されている。

    教育やアートを通して環境問題の意識を広める活動をしている非営利団体によるプロジェクト『Washed Ashore』。拾われたゴミは、リードアーティストとボランティアの手によって、海で生活する生き物の彫刻へと生まれ変わる。

    膨大なゴミ!リサイクルして作った海洋生物の巨大彫刻

    【海を綺麗に!海岸で拾ったゴミで作られた海洋生物の巨大な彫刻】の続きを読む

    タコ耳カフ

    タコ(蛸)は頭から足が生えているイカと同じ構造を持つ「頭足類」に属する海洋棲の軟体動物だ。イギリスでは「悪魔の魚 / デビルフィッシュ (devilfish)」などと呼ばれて敬遠されてきたタコだが、日本においては世界で水揚げされるタコの2/3を消費しているというくらい日本人はタコを食べるのが大好きである。きっとみんなもタコには親しみがあるに違いない。

    食べても美味しいタコであるが、その独特な外見は色々な製品のデザインに用いられるケースも多い。今回はインテリアから身近なグッズまで、タコの外見をテーマにしているタコデザインのアイテムを紹介するよ!

    デザインにしても映えるタコの色々なアイテムでタコ尽くし!

    【タコ大好き!タコデザインのユニークなタコグッズ!】の続きを読む

    流木彫刻!絶滅した淡水イルカ、ヨウスコウカワイルカを描く (1)

    アメリカのボルチモア美術館に展示されたのは、絶滅した淡水イルカの悲しき運命を描いた彫刻作品。川で拾われた流木を切り出し、ヨウスコウカワイルカの骨格を形作った。

    積み上げられた流木から生まれるイルカの彫刻は、最終的に光の方向へ向かっていき、その体が解体されて消えていくかのような表現が用いられている。

    かつて存在した種の儚い運命を描いた流木の彫刻アート by Jonathan Latiano

    【流木のイルカ彫刻!絶滅した淡水イルカ、ヨウスコウカワイルカの運命を描く】の続きを読む

    このカメ、速いぞ!世界最速の亀がめでたくギネス更新 (1)

    カメ陸上界のウサイン・ボルトと名高いバーティ君。この度、イギリス、ブラサイドの彼の自宅に設置された、12度の勾配がある長さ5.48mのコースを19.59秒で走り抜けるという偉業を達成し、見事に世界最速のカメとしてギネスを更新したのである。

    ウサギもビックリ!超速いカメの動画 by バーティ (Bertie)

    【このカメ、速いぞ!世界最速の亀がめでたくギネス記録を更新】の続きを読む

    美しいホホジロザメの写真 (4)

    ホエールウォッチングやシャークケージダイビングが楽しめる、南アフリカ共和国ガンズベイの海中で撮影されたホホジロザメの接近画像。フィンランドの写真家Antti Viitalaによる撮影。

    恐ろしくも美しいホホジロザメの魅力的な画像 by Antti Viitala

    【超接近!美しいホホジロザメの写真12枚】の続きを読む

    羊っぽいウミウシ、テングモウミウシ (1)

    どこかでこんなキャラクターを見たことがあるような…。海に生息する妖精のような不思議な生物。白い部分を観察すると、フワフワした羊みたいな何かがちょこんとお座りしているように見えてこない?

    愛さずにはいられないかわいさ。羊のゆるキャラみたいなウミウシ!

    【羊っぽいウミウシ!モフモフした羊に見えるかわいい海の生物】の続きを読む

    このページのトップヘ

    • ラビトーク!
      海外アートや海外動画、面白い海外記事をブログで紹介しているよ!
      世界中の可愛い犬猫や動物ネタも満載。 綺麗、美しい、可愛い、面白い、自然、アート、画像や動画。この辺りのネタが多いよ。
      シェアやフォロー、コメントなどを沢山して盛り上げてくれると嬉しいんだ!


      SNSアカウント
      Facebook Twitter Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加