このエントリーをはてなブックマークに追加
カラフルな新種ザリガニ Cherax (Astaconephrops) pulcher 

色鮮やかでカラフルなザリガニ!一見するとカラースプレーか何かで色付けされたかのようにも見える淡水ザリガニだが、人口産ではなく自然界に存在するインドネシア原産の新種ザリガニだ。

カラフルな新種ザリガニ!熱帯インドネシア産のザリガニ「Cherax pulcher」

このザリガニは「Cherax pulcher」と命名された。ドイツの研究者(Christian Lukhaup博士)の手により、動物学・生物学のジャーナル誌である ZooKeys に、新種のザリガニとして論文が掲載された。

カラフルな新種ザリガニ Cherax (Astaconephrops) pulcher 2

pulcherとはラテン語で「美しい」を意味し、Cheraxはザリガニ属を指す、つまり「(カラーが)美しいザリガニ」という訳だ。西パプア(インドネシア)、パプアニューギニア(オセアニア)などの東南アジアやオーストラリアでの生息が確認されている。

実はこの「Cherax pulcher」、2000年代初頭頃から日本やヨーロッパのペットショップでも販売されていた。 どうして今頃になって新種となったかというと、原産地などの詳細な情報が明らかではなかったためで、論文を出して認められる機会がなかったのだ。

カラフルな新種ザリガニ Cherax (Astaconephrops) pulcher 6
photo @ distractify

コスモ(小宇宙)が宿っていそうなカラフルな新種ザリガニ「Cherax pulcher」。コレクター需要による海外輸出や、現地では食用としても消費されているようで、その種の数は年々減少しているそうだ。

茹でると殻は真っ赤になるのかな?

Sponcer Link